わからない... こまった...
そんなときは相談を!

  • まずはQ&Aをチェック!日本でくらす不安や
    はたらく悩みQ&A
  • JACに電話で相談(日本語のみ)0120220353平日 9:00〜17:30 土日祝休
    気軽にメッセージを送ってください
    • Facebook(外国人向け日本語)にっぽんJapan
    • Facebook(ベトナム語)ベトナムViet Nam
    • Facebook(インドネシア語)インドネシアIndonesia
  • FITS(国際建設技能振興機構)では、皆さんからの電話、FAX、メールによる相談に母国語で対応しています。FITS 母国語で相談ホットライン
  • ホーム
  • 建設技能人材機構【JAC】とは

建設技能人材機構JACとはABOUT

JACは、日本の建設業ではたらくすべての特定技能をもつ外国人の皆さんが正しい給料・待遇を受けられるようにするために、建設業界の団体や企業が立ち上がって設立した組織です。

建設業で特定技能を雇う会社は、すべてJACに加入しなければなりません。そして、JACが決めた「建設業における共通行動指針」というガイドラインを守る必要があります。このガイドラインは、特定技能の在留資格をもつ外国人の皆さんが日本ではたらきやすく、生活しやすいように「会社に守ってもらう約束」です。ガイドラインは以下のような内容です。

GUIDELINES
  • ● オーバーステイ(外国人が日本にいられる期間を過ぎている状態)などの不法就労者を雇わない
  • ● 技能レベルにあわせた賃金設定をする
  • ● 外国人であることを理由に差別をしない
  • ● 人権を尊重し、暴力、暴言、いじめおよびハラスメント(いやがらせ)をおこなわない
  • ● 転職をさまたげない
  • ● 日常生活のサポートをする など

JACは、このガイドラインを守らない会社に注意・指導をします。それでも守らないときは、特定技能者の受入れができなくなります。このような特定技能ではたらく外国人の皆さんを直接支援しているのは、日本ではJACだけです。

JACは、特定技能外国人の皆さんが日本ではたらくこと・生活すること・建設の技能を身につけることを応援します!


組織の名前
一般社団法人 建設技能人材機構
Japan Association for Construction Human Resources (JAC)

住所
〒105-8444
東京都港区虎ノ門三丁目5番1号 虎ノ門37森ビル9階

理事長
三野輪 賢二
設立日
平成31年(2019年)4月1日
JAC_ロゴマーク

JACは何をするところ?

JACは、特定技能になりたい外国人向けに教育訓練・技能試験の実施、 職業紹介、適正な仕事環境確保のため、皆さんを雇う企業への見回り指導などをしています。このような取組みをしているのは、日本でJACだけです。JACは特定技能外国人受入事業実施法人として、国土交通大臣から登録されています。

1. 賃金が適切に支払われているかなどの確認と指導

特定技能としてはたらき始めると、いろいろと心配なことが出てくると思います。そこで、JACは、あなたがはたらく会社に行き、給与がきちんと支払われているか、休みを取ることが許されているかなどを確認します。

その時、会社の人がいない場所で面接します。面接は母国語で行われますので、言いたいことが日本語で言えなくても大丈夫です。JACは、あなたが日本ではたらき、生活しやすいように助けます。
何か困ったことがあれば、「FITSの母国語相談窓口」や、JACのFacebookメッセンジャーを使って連絡してください。JACはあなたを無料でサポートします。気軽に相談してください。

面接をするようす

2. 転職先の紹介(無料)

技能実習生の時は実習先を自由に変えることは難しかったのですが、特定技能は基本的に自分の考えで転職することができます。転職したいと思ったら、JACの職業紹介サービスを使ってください。特定技能外国人の皆さんの転職先が見つかるまでサポートします。紹介料や手数料(手続きにかかるお金)はかかりません。また、転職後もJACのサポートは無料です。

JACは、日本中の建設会社を紹介しています。JACのWebサイトからはたらきたい会社を選んで応募することもできます。

JACからあなたへ

特定技能は一番長くて5年間日本で働くことができます。退職も自分の国へ帰ることも自由です。ただし、日本の法律では、少なくとも2週間前(できたら1か月前)までに会社に「辞めたい」と伝えなければなりません。

何も言わずに家からいなくなってはいけません。せっかく特定技能外国人になれたのに、もう二度と日本で働けなくなるかもしれません。不安なこと、嫌なこと、困ったことがあれば、ネットの噂に惑わされず、JACに相談してください。会社の人や友人とうまくいかない場合は、再就職のお手伝いをします。決して突然行方不明にならないでください。皆さんの家族もそんなことは望んでいません。

日本人の中にも悪い人はいます。でも、いい人もたくさんいます。あなたが特定技能で日本の建設業界ではたらいていることに、日本の人はみんな「ありがとう」と思っています。

3. 建設分野の技能評価試験を実施

JACは、建設分野の特定技能になるための「技能評価試験」をおこなっています。建設分野にはいろいろな仕事があります。仕事の幅を広げたい人は、他の職種の試験に挑戦できます。JACのWebサイトに無料のテキストがあります。今の仕事の勉強にもなりますので、試験を受ける予定がなくてもテキストを読んでみてはどうですか?日本語で書かれていますが、ひらがなもあります。

技能評価試験を受けたい人は、「マイページ」に登録して、試験日の発表を待ってください。試験日が決まったら、Webサイトで知らせます。 試験は日本国外でもおこなっています。2021年にはベトナム・フィリピンでおこないました。コロナがおわったら、いろいろな国での展開を予定しています。

土工の技能評価試験のようす 土工の技能評価試験のようす

4. 特定技能優秀者の表彰・受入企業や皆さんの声の紹介

JACは、特定技能ではたらく外国人の皆さんが、日本語や建設技能を向上させることを応援しています。

一年に一度、国土交通省不動産・建設経済局長から表彰される機会があります。これは、日本の国土交通省が開催する「優秀外国人建設就労者表彰」で、特定技能でがんばった人を表彰します。皆さんの家族や友人に、頑張っている姿をみせるよい機会です。募集が始まったらこのWebサイトで知らせます。ぜひ応募してください。

優秀外国人建設就労者表彰式のようす 優秀外国人建設就労者表彰式のようす

また、実際に特定技能外国人を受け入れている企業に行って、会社のひとたちが特定技能の皆さんとどのようにコミュニケーションを取っているか、特定技能の皆さんがどんなことを感じているかなど、取材をしてWebサイトやブログにのせています。

それから、「特定技能になってこんな仕事でがんばった」ということなど、メッセンジャーで教えてください。皆さんの声をたくさん紹介します。

建設企業での取材のようす 建設企業での取材のようす